マットレスの処分について

「マットレスの捨て方がわからない」「できるだけ安く簡単にマットレスを処分したい」こんな悩みをお持ちの方のために、主な3つの処分方法をご紹介します!

① 自治体のルールに則って粗大ごみとして処分する

マットレスはほとんどの自治体で、粗大ごみとして回収してもらえます。費用は1,000円~3,000円程度で比較的安価ですが、デメリットも。回収を依頼した場合、所定の場所や集積場に自分で運ばなければならず、女性や高齢者、力の弱い方だととても困難です。

事情があれば有料で粗大ごみの持ち出しサービスを行っている自治体もあるので、必要な場合は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

② リサイクル業者に引き取ってもらい処分する

リサイクル業者に買い取ってもらえれば、部屋からの運搬は業者にお任せできますし、買取金額分プラスの収入になってお得なことばかり。

しかし、マットレスの買取はかなりハードルが高く、使用年数が少ない美品や高級ブランドでなければ難しいのが現状です。まずは出張の無料査定などを申し込んでみましょう。

③ 細かく切り刻んで家庭ごみとして処分する

時間と労力を惜しまないのであれば、細かく分解して通常の家庭ごみとして収集に出すという方法もあります。マットレスは、金属のスプリングやワイヤー、布、クッション材などで作られているので、収集可能なサイズまでバラバラにして、ゴミの日に出しましょう。可燃物、不燃物、プラスチックなどの分別も忘れずに。ただし、もとの大きさが粗大ゴミの基準に当てはまるものは解体しても粗大ゴミになる、と規定している自治体もあるので、注意してください。

マットレスの寿命は?

マットレスは、種類や品質によっても変わりますが、目安としては8~10年が買い替えのタイミングだと言われています。寿命が過ぎたマットレスを使い続けると、快適な睡眠の妨げにもなるので、ぐっすり眠れないな…と感じたらマットレスが古くなっていないか、一度チェックしてみてください。

まとめ

マットレスを新しくしたいけど、まず捨てる面倒!…という方もいるのではないでしょうか? でもちゃんと調べてやってみると意外に簡単ですよ。快適な寝具でよい眠りを!
(スリープ・スパ編集部)

ムアツのプロが教える!
よく眠れていますか?快眠のコツ

よく眠るためには、ちょっとしたコツがたくさんあります。
毎日の健康にも役立つ、快眠のコツをご紹介。

ふとん・BASIC
[ハード/スタンダード]Sp-2

シングル
サイズ9×97×200cm
価格¥60,000(+税)
重さ約6.3kg
商品番号
ハード
2220108611238
商品番号
スタンダード
2220108601239
セミダブル
サイズ9×120×200cm
価格¥80,000(+税)
重さ約7.7kg
商品番号
ハード
2220108612235
商品番号
スタンダード
2220108602236
ダブル
サイズ9×140×200cm
価格¥100,000(+税)
重さ約9.0kg
商品番号
ハード
2220108613232
商品番号
スタンダード
2220108603233

ふとん・PLATINUM
[ハード/ハイバウンド]Sp-2

シングル
サイズ9×97×200cm
価格¥80,000(+税)
重さ約6.5kg
商品番号
ハード
2220108811935
商品番号
ハイバウンド
2220108801936
セミダブル
サイズ9×120×200cm
価格¥100,000(+税)
重さ約8.0kg
商品番号
ハード
2220108812932
商品番号
ハイバウンド
2220108802933
ダブル
サイズ9×140×200cm
価格¥120,000(+税)
重さ約9.3kg
商品番号
ハード
2220108813939
商品番号
ハイバウンド
2220108803930